フラット35住宅ローンのメリットとは?

フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。 フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。

35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。 フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様厳しい審査が待っています。ですが、フラット35の審査は少し違う点もあり一般的なローン同様、重要視されます。

それに加え、他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。という所です。 担保として十分かどうか、という点を重視する。という事です。 色々な面から審査されるそうです。

今、注目の住宅ローン借り換えを選択しようか迷っている方も多いのですが実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。

固定金利は、景気に左右される事なく決められた金額を払うだけで計算もしやすいだけでなく、総返済額も正確に分りるからです。

ですが、変動を選ぶと月々にかかるお金も一定でないために返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。 それなのに、低い金利が続いている今の世の中では全体の約40%の方が利用しているというデータがあります。他の方がどのような選択をされているのかも一つの目安として、将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう!

おうちやっぱりほしいですからね!

実は借りるのに必要資金も?!住宅ローン借り換えって良く知られていますが諸費用も必要です。 手数料は大きく分けてどんなものがあるのでしょうか?諸費用がお得になる方法は?「え?そんなお金必要なの?」という方は住信SBIネット銀行の住宅ローンのように繰上返済手数料が0円という住宅ローン借り換えもあります。

住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査はとても厳重に行われます。 審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。結果は電話か口頭で伝えられます。審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。

見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。 この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印と諸費用も用意しておきます。

諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。一般的には、数十万?数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。

フラット35金利引き下げとは?【35S金利優遇シュミレーション】
フラット35の金利引き下げとはどのような制度なのでしょうか?審査や基準について調べるとともに、フラット35Sの金利引き下げでどれだけお得になるのか今後の金利の推移や予想を交えてご案内します。
www.flat35-hikaku-kinri.com/