NISA口座と課税口座の使い分けとは?

投資の利益が非課税になる少額投資非課税制度(日本版ISA=NISA)。
このNISAの口座を、投資のベースにしようと考える人は多いです。
しかし、過去の運用実績や方針によっては、通常の証券口座が有利なことがあります。
うまく使い分けることが大切です。
実は、課税口座にはNISAにない利点もあります。
まず課税口座の年間の運用損益は確定申告すれば、その人が持つすべての課税口座で通算することができます。
ある口座で利益が出ても別の口座で損が出ていれば、通算して納税額を抑えられるのです。
さらに通算した結果が損失だった場合は、毎年確定申告をして損失額を翌年から3年繰り越すこともできます。
結果として、損失と同額の利益が非課税になり、節税効果があるます。
昨年までは運用が難しい環境が続いていたので、多額の繰越損失を抱える人は少なくないです。
その場合は、損益の通算による節税を終えてから、NISA口座を利用するのも一案です。
例えば価格変動が比較的大きいと考える商品は課税口座で運用。
NISA口座では国内外の金融商品にバランスよく分散投資し、リスクを抑えるなどの使い分けが重要になります。
NISAの口座は子供名義でも作れる?【口座開設の注意点は?】